以前より会社設立が容易になっている

以前より会社設立が容易になっている

以前は、事業を法人化するために、会社設立を行おうと思うと、ある程度の資金を集める必要があったそうです。

以前は、株式会社を設立しようと思うと、最低でも一千万円の資本金を集める必要があったそうですし、株式会社よりも設立しやすかった有限会社でも、三百万円の資本金が必要だったそうです。

そのために事業を法人化したくても、資金が不足して簡単にできないことが多かったようです。

今は、会社法が改正されて、有限会社という形態はなくなって、株式会社に統一されているそうですが、株式会社は資本金が1円からでも設立することができるようになっているそうです。

当然、会社設立のためには、いろいろな手続きが必要になってきますが、高額な資本金を集める必要がなくなったために、以前に比べれば、容易に会社の設立が行えるようになっているようです。

そういうこともあって、多くの個人で事業を行っていた人が、会社を設立しているようですし、新しく事業を始める人も会社を設立しやすくなっているようです。

会社の形態には、株式会社以外にもいくつかの種類があるそうです。

会社法が改正されたことで、有限会社は新設されなくなっていますが、合同会社や合資会社、合名会社があるそうです。

会社設立を行う時は、これらの中から会社の形態を選ぶことになるようですが、多くの人は、株式会社を選ぶことが多いようですが、合同会社を選ぶ場合もあるそうです。

合同会社は、海外では以前からあった会社の形態だそうですが、日本では会社法の改正で新しくできた形態だそうです。

株式会社との違いは、株式会社の場合は、出資した人が経営にも参加するとは限らないのに対して、合同会社の場合は、基本的に出資者した人は、経営にも参加することになるそうです。

小規模な会社の場合はほとんどの場合、出資者が経営にあたることが多くなり、株式会社もほぼ合同会社と変わらないと思いますが、会社設立の手続きなどにかかる費用などは合同会社の方が少なくて済むそうです。

また、株式会社では必要な監視機関の設置などが義務付けられていないそうです。

Comments are closed.