会社設立の時に決めておく必要がある基本的なこと

会社設立の時に決めておく必要がある基本的なこと

会社設立のためにはいろいろな手続きを行う必要がありますが、そのためには、いろいろと基本的なこと決めていく必要があります。

まず、必要になってくるのは商号を決めることになってくるようです。

同じ市町村内に、同じ商号を既に使っている会社があった場合でも、登記はできてしまうそうですが、それを使用して事業を行ってしまうと、商号使用の差し止めを請求されることになるようですし、場合によっては、損害賠償を請求されてしまうこともあるそうですから、同じ商号がないかをチェックして決める必要があるようです。

すでに登録されている商号は、登記所に行き、商号調査簿を閲覧すればわかるそうですから、同じ商号が使われていないかチェックしておく必要があるようです。

会社設立の時には、商号の他にも、事業目的や会社の所在地、資本金なども決める必要が出てきます。

資本金は、少なすぎるのはあまり良くないそうですが、あまり多くなると税制上のメリットが享受できなくなるそうですから、注意して決める必要があるようです。

会社設立の時に決めておく必要があることとしては、会社の商号や事業目的、所在地、資本金などがありますが、事業年度や役員の構成なども決めていく必要があるようです。

事業年度は、個人事業の場合は、1月から12月と決められているそうですが、会社設立を行って法人になると、決算月を自由に決められるそうです。

行っている事業や行おうと思っている事業が月によって極端に売り上げが違うような事業の場合は、事業年度をそれに応じて決めておけば、計画的に経営しやすくなるそうですし、節税対策などにも有利になってくる場合があるそうですから、よく考えて決めた方がよいようです。

事業年度は1年単位ではなく、数カ月単位にすることもできるようですが、数カ月単位にするとそれだけ会社設立後の決算手続きが面倒になりますから、通常1年単位にすることが多いようです。

役員については、株式会社の場合は、取締役を1名以上選任する必要があるそうです。

もし取締役会を設置する場合には、3名以上の取締役を選任する必要があるそうです。

Comments are closed.