会社設立をするメリットとデメリット

会社設立をするメリットとデメリット

会社設立を行うと、いろいろなメリットもありますが、逆にデメリットになってしまうこともあるようです。

会社設立を行うことで得られるメリットとしては、個人事業よりも信用力が高まるという点が大きいようです。

いろいろな取引を行う場合に、信用力が大事ですから、この点は大きなメリットになってくると思います。

取引によっては法人格であることが必要になってくることもあるようですし、行政からいろいろな許可や認可を得る時に、会社であることが前提条件になっている場合も多いようですから、会社設立によって、事業の幅を広げやすくなることにもなるようです。

また、個人事業では、経費として認められないようのものも経費とすることができるそうですし、個人事業の場合よりも税制上で有利になってくることも多いようです。

それに事業を拡大するために資金を銀行などの金融機関から融資を受ける必要が出てきた場合には、個人事業では条件が厳しく、法人の方が有利になってくる場合が多いようです。

会社設立を行って法人化することによって、事業の幅が広がったり、資金調達が容易になったりするなどのメリットの他にも、経営のリスクが減るというメリットもあるようです。

個人事業の場合は、税金の滞納や仕入れ先への未払いがあった場合は、当然、自分できちんと支払う義務が出てきますが、会社を設立して法人にしておけば、支払い義務は自分の出資した範囲に限られて、無限の責任を負う必要がなくなります。

会社設立によって得られるメリットはいろいろあるようですが、デメリットもいくつか存在します。

以前よりも容易になってと言っても、会社設立のためには、ある程度の費用が必要になりますし、いろいろな事務手続きも必要になってきます。

また、事業で利益が得られていなくても一定の法人住民税を支払う必要も出てきますし、法人化すれば、個人で事業を行っていた時よりも事務処理の負担が増大します。

このようなメリットとデメリットをよく検討してから、会社を設立するかどうかを決める必要があるようです。

Comments are closed.